せめてプロフィールらしく

gin

Author:gin
since:2010 10 12

FPSが好きな厨二病を患っているゲーマーです

世界の中心で名言をさけんだ電光掲示板

電光掲示板補完計画 碇シンジの場合

電光掲示板補完計画 綾波レイの場合

電光掲示板補完計画 惣流・アスカ・ラングレーの場合

電光掲示板補完計画 真希波・マリ・イラストリアスの場合

見知らぬ、カウンター

人の造りしカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキングの価値は

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
6628位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
2365位
アクセスランキングを見る>>

最新記事、来日

瞬間、カテゴリ、重ねて

最新コメント、誕生

リンクの選択を

静止したトラックバックの中で

月別アーカイブダイバー

レイ、ニコニコ動画ランキングの向こうに

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
44: by on 2011/06/20 at 22:11:34

エッチの

やり方、


教えて

45: by Multimedia 略)管理人のはちゅねミク on 2011/06/22 at 20:45:29

ginさん始めまして
糞箱とは、あなたは箱アンチですか?

▼このエントリーにコメントを残す

   

テニス必勝法

さて
この季節になると学生である私には「総合体育大会」
通称「総体」という一大イベントが待っています
当然、私は総体に向けて厳しい特訓をしてきたわけですが
やっぱり勝負は勝ちたいじゃないですか

ということで
今回は私の所属している部活
「テニス」の必勝法について紹介したいと思います


1、3つのC
テニスにとって大切なもの3つをとりあげ、その英語の頭文字をとってこう言います。
①Condition:体調を整えて試合を迎えよう。
②Concentration:1球1球集中しよう。
③Confidence:自信を持ってプレーしよう。
 
この中で、一番大切なのが、③の自信でしょう。
 
そして、この3つにあと2つを足して5つとする話もあります。
④Control:ボールをコントロールし、試合を支配しよう。
⑤Combination:ダブルスでは、2人の息を合わせていこう。





2,自分の力に自信を持つ
 大会で第一試合の相手は、大抵知らない人と当たります。
作戦の立てようもなく、あっという間に負けたことはありませんか?
昔、私も若かったときは何回かありました。
でも今はほとんどありません。
自分は相手より強いと信じ込み、
コート上では、余裕の表情で、アップを流します。
相手の小さなミスさえ、なんだこいつはという顔をしていることもあります。
相手との会話も要注意。
さらっと流していくのです。
そう、一回戦は通過点でしかないのです。
私はいつも、優勝するつもりでコートに立ちます。
一回戦でちんたらしていられない。
その気持ちをいつも持ち、相手にもそれが伝わるのでしょう。
試合が長引くことはあまりありません。
 さて、2回戦以降ですが、対戦相手の試合を当然見ておきます。
いろいろ分析し、勝つための作戦を立てておきます。
そして、それを実行できると信じるのです。
その作戦を実行できる自分は、相手より強いはずです。
これをイメージトレーニングと呼ぶ人もいます。
相手を見てしまったら、ただ闇雲に「自分は強い」と思ってもしようがありません。
ぜひ、勝てるイメージを持ってコートに立ちましょう。





3,ファーストサーブの確率は70%以上にしろ
プロの試合をテレビで観ると、ファーストサーブの入った確率が
表示されますが、私が今まで観てきた試合の平均は約67%くらいです。
さて、テニスのルールを変えようという動きがちょっと前までありましたね。
サーブを1球にしようとか、レットはなくそうとか。
もし、サーブが1球になるとテニスの必勝パターンは思いっきり変わりますね。
サーバーが完全に不利になるでしょう。
セカンドサーブでの得点力ですが、皆さんはセカンドだけで
試合をしたことがどのくらいありますか?
私はよく練習でこれをやらせるのですが、得点力はレシーバーがかなり有利になります。
つまり、ファーストサーブが入らなければ、サービスゲームは不利だということです。
ややスピードを落としてでも、70%以上の確率で入れるようにしていきましょう。
セカンドで試合をするよりはよっぽど勝てる確率が上がるはずです。





4,相手が100球打ってきたら、101球返せばいい
これは、気持ちの問題を指しています。
つなぎあいをしろと言うことではありません。
焦って決めに行くのではなく、試合を作っていくことが大切なのです。
まあ、分かっていても実行はかなり難しい話ですね。
相手との心理戦の中での教訓として頭の中に入れておきましょう。





5,自分の得意なプレースタイルを貫く

弱そうな相手と戦っているときは、とても良い試合をするのに、
強そうな相手と戦っているときは、逃げ腰の弱気な戦い方をする
選手がいますね。
普段の練習でトップスピンをガンガン打っているくせに、
なぜか試合ではスライスでチョロチョロやっている選手などです。
本人にしてみれば必死で頑張っているのでしょうが、
それでは最初から「負けました」と言っているようなものです。
自分の本当のプレースタイルを最後まで信じて戦える人になって下さい。
そのためには、常に試合を想定した練習をしていて下さい。

自分のテニスをして負けたのなら、次に生かせるじゃないですか。
試合には、勝つときも負けるときもあります。
胸を張ってコートを出られる人になりましょう。

ソースはこちら



いや~
これはいいですね
とても参考になりました

私はどちらかと言えば試合では慎重になってしまうタイプなので
明日の総体ではいつも通りの
自分のプレイスタイルを貫いていきたいと思います

最後の総体
悔いが残らないよう頑張ってきまっす(`・ω・´)ゞ



スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
44: by on 2011/06/20 at 22:11:34

エッチの

やり方、


教えて

45: by Multimedia 略)管理人のはちゅねミク on 2011/06/22 at 20:45:29

ginさん始めまして
糞箱とは、あなたは箱アンチですか?

▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。